プロフィール

PON

Author:PON
いらっしゃいませ
(´∀`)=3

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター
twitter
最近の記事
最近のコメント

過去記事

ユーザータグ
ブログ検索

RSSフィード
LINK

雑記帳

技術系サラリーマン的生活の写真付記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備



GR DIGITAL

今日で5月も終わりであるが、明日から出張で
アメリカに行く。予定では1ヶ月ほど。
場所は前回と同じくアトランタである。
というか泊まるホテルまで一緒である。
ちょっとは違う所に行きたい所であるがしょうがない。

今日はその準備をしていたわけであるが
4畳半の部屋にでかいスーツケースをおっぴろげる
とまったく足の踏み場なくなりワロタ。
メリケンがこの部屋を見たら「ウサギ小屋かYO!」という
に違いない。

そろそろ日本は入梅する頃であるが、向こうはクソ暑いらしい。
外での仕事も今回は多いので行ったらとりあえずクーラーボックスを
買うように上司に言われた。
死なないように頑張ろうそうしよう。

スポンサーサイト

猟奇的な琵琶湖



Nikon D80 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G

日曜日。
琵琶湖にツーリングに行った。
午前中は天気が悪かったので昼スタート。
スタート地点は琵琶湖最南端の近江大橋付近。
最近ロードバイクを購入したMZ氏とともに。
MZ氏はTREKの上下ジャージに身をつつみ格好だけは
一人前であった。走りのほうは(ry

昼スタートなので時間的に一周は不可能。
時間の許すかぎり東岸を北上する。
終止曇りっぱなしで今イチであったが途中一瞬だけ
晴れ間がでた。1枚だけ写真を撮りさらに北上。

時計が3時をまわったところで折り返し。
元来た道を引き返す。
同じ道を引き返すのはなんだかつまらないし
途中からお尻が痛くなってきたので
米原駅から電車を使いワープを敢行。
輪行袋を持ってきていなかったので、前後輪を外して
ストラップでくくりつけただけのむき出しの状態で乗車。
まあ駅員さんにもなにも言われなかったのでOKなのだろう。
なんとか6時くらいにはスタート地点に戻れた。

やはり琵琶湖は早朝スタートがベストだな。。

以下個人的メモ

MAX Speed 42.2km/h
AVG Speed 25.8km/h
MAX Cadence 110
AVG Cadence 88
Distance 116.0km
Odometer(system six)1108.3km

Tour of Japan すね毛編



Nikon D80 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G

質問があったのですね毛について書いてみよう。
いやまあそんなに気合い入れて書くほどのことでもないんだけど。

自転車選手はなぜすね毛を剃るのか?
理由はいくつかある。

その1
プロの自転車ロードレース(特にゴール前のスプリントやダウンヒル)では
かなり頻繁に集団落車が発生する。1レース1回といっても多くないくらい。
ゴール前のコーナーとか全開でつっこんでくるので特に危ない。
この前みたTour of Japan 堺ステージでも落車が1回起こって、何人かケガして
いた。選手は落車上等でゴールに突っ込んで行く。

落車の際、高速でアスファルトの上を滑る状態になるため、ケガの種類は
必ず擦過傷(すり傷)になる。このケガを消毒する際に毛が邪魔になるわけ
である。なのですねに限らず腕とかも剃ってる人が多いみたい。

その2
何日にもわたって行われるステージレースの合間合間に選手は
マッサージを受ける。マッサーがチームに同行するわけである。
その時、毛があるとマッサージしにくいし痛いらしい。

その3
空気抵抗。まあ明らかに微々たるものである。
でも競泳の選手も全身の毛を剃るらしいしあながち
効果あるのかも。

その4
気合い注入。
要は試合前の儀式である。


まあつらつらと書いてみたがどれも一般のホビーレーサーには
関係ない話である。ちなみに私はもちろん剃っていない。
ツルツルだと少し気持ち悪いしな。。。

Tour of Japan その3



Nikon D80 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G

外国人選手はやっぱり骨格がゴツいな。。。
そのくせ頭は小さい。
ウラヤマシス。

Tour of Japan その2



Nikon D80 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G

泉北1号線を疾走するプロトン(集団)
てっきり測道を使用するのかと思っていたが
本線の片側2車線をまるまる封鎖とはなかなか
豪儀である。一般の人からしたら迷惑この上ないね。

ちなみに集団の後ろに続く車列は各チームのサポートカー
である。
HOMENEXT →
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。