プロフィール

PON

Author:PON
いらっしゃいませ
(´∀`)=3

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター
twitter
最近の記事
最近のコメント

過去記事

ユーザータグ
ブログ検索

RSSフィード
LINK

雑記帳

技術系サラリーマン的生活の写真付記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Glacier National Park #5

Grinnel glacier trail

Grinnell Glacier Trail の最終盤は完全に雪に埋もれていて危険だったので
適当なとこで引き返す。

Flower

水も豊富で花もたくさん、楽園のよーです。

Grinnell glacier trail

復路は当然緩やかな下りなのでピクニック気分で歩いていると
右後方の茂みからガサガサっという物音。??と思って振り向いてみると。。。

Grizzly bear

ぐ、グリズリーでたー!!!
距離にして15mくらい??幸い自分達とは逆方向のトレイルにのそのそ歩いていく。
慌ててカメラを望遠レンズに付け替えるがあせりすぎて後ろ姿しか撮れなかった。。。

Grizzly bear

遠巻きに後を追ってみると、トレイルをのそのそとまだ歩いている。
ビビるおっちゃん。そりゃ正面から鉢合わせたらビビるだろな。。。

Grizzly bear

そのままノッシノッシと歩いて去って行った。
やはり他の野生動物とは遭遇した時の緊張感が違うわ。。。。

Squirrel

トレイルの最後のほうでおなじみのリスを撮影して帰着。
リスかわいいけどさすがに見慣れてきたか。





スポンサーサイト

Glacier National Park #4

Lake McDonald

3日目朝、早起きしてLake McDonaldの朝焼けを拝む。
川から勢い良く雪解け水が流れ込んでダイナミック、かなり透明度は高い。

Grinnell glacier trail

この日も引き続きトレイル探索。3日連続でさすがに脚が重いが
なだらかなトレイルなのでなんとかなるかと出発。湖の遥か先に見えるGlacier(氷河)を
目指すGrinnell Glacier Trail 、片道5.5マイルだが最後の方は雪で通れないようだ。

Grinnell glacier trail

序盤は湖沿いのゴキゲンな道が続く。なだらかで歩きやすい。

Grinnell glacier trail

このトレイルは高原植物がかなり豊富で花が咲き乱れている。
なんというか牧歌的で奇麗。

Grinnell glacier trail

徐々に登って行くが、歩きやすくて景色がヨイので疲れを感じにくい。

Grinnell glacier trail

奥の山の側面にへばりついているのが氷河のはずなのですが、ただの雪との区別が
つきにくい。大昔は湖と山脈の間の谷をすべて埋めるぐらいの氷河があったらしいですが
氷河期が終わった今は解けてちょっとしか残っていないようだ。
山の側面がシャープにえぐれているのは氷河が流れた跡らしい。

Bighorn sheep

突然なんかあらわれた。。。
ビッグホーンシープ!!
なんか草食べてる。

Bighorn sheep

なんか写真でみたのより、毛並みがきたなくて角も先っぽが折れててなんかコワい。。。
年取ったシープなのだろうか。。。?

それでも初めて遭遇できたので良かった。
国立公園の野生動物に共通しているのは、人間に遭遇してもあまり逃げないこと。
人間の脅威(餌付けも禁止)にさらされていないからでしょーか。

Glacier National Park #3

Shuttle bus

明けて二日目、この日は一日がかりの難易度高めのトレイルに行ってみる。
ちなみに上の写真は園内を走るシャトルバス(環境に配慮したLPG駆動)。
除雪が完了していないため、待機中?

トレイルの名前はMt. Brown Lookout、山の頂上の展望台を目指す感じか。
プロファイルは片道5.3マイル(8km)で獲得標高1600mくらい。
距離も長いが獲得標高が結構えげつなくかなりの急斜面が予想されます

Trail to Mt. Brown

序盤は緩やかなのでサクサク進みますが、すぐになんというかエクストリームな感じに。
木が道を塞いでおります。

Lake McDonald

急な坂道をヒーヒー言いながら登っていると眼下には滞在しているロッジが
あるLake McDonaldが。かなり登ってきた。

DSCF5960

遠くには冠雪した山脈が見える。

Trail to Mt. Brown

前半は針葉樹林帯なのですが、標高が上がるにつれて森林限界を越えるようで
木が立ち枯れている。だんだんと涼しくなり、景色が開けてくるのでヨイ。

Trail to Mt. Brown

しばらく進むと雪がトレイルに。。。。
前週に降った雪が結構残っています。
凍ってはいないので滑ることは無いですが、結構深くズボズボ埋まりながら進む。

Trail to Mt. Brown

そのうちトレイルが完全に見えなくなる。
かろうじて前に2名ほど先行して登っていたため、その足跡をたどって
頂上を目指す。
異常に空がクリアで青い。画像無加工でこの青さ。

Mt. Brown lookout

ここまで約3時間ほど歩き倒してようやく頂上の展望台が見えて来た。
先行している二人(60歳くらいのおじさん、元気だ。。。)がくつろいでいる。

Mt. Goat

ふと、脇の小山に目をやると。。。

なにかいる!!!!!!

Mt. Goat

ま、マウンテンゴート!!!
初めての遭遇のためテンションアップ。
なんというかベストのポジションでなぜそんな遠くを見ているのですか。。。。。
毛並みは若干汚いですが、なんというか風格がありますね。
標高の高いところにしかいないらしく、苦労して登って来た甲斐があった。

Mt. Goat

しばらくするとノソノソと頂上の周りを徘徊し始めました。
あまり俊敏ではないよーです。

Trail to Mt. Brown

あとはのんびりと頂上からの景色を楽しみながらランチ(パン+ヌッテラ)を食べる。

Trail to Mt. Brown

景色はもちろんダイナミックで素晴らしい。

Trail to Mt. Brown

もう一人登ってきた。
彼はタンクトップ姿だが他の装備は完璧で、雪のトレイルに
慣れている風。

Trail to Mt. Brown

あとはひたすら来た道を下る。
さすがに下りは脚、というか膝にくる。。。。。

Deer

でも途中鹿とかいて癒される。

Deer

まつげながー。

結局総行程7時間くらいでなんとか帰着。
雪トレイルで脚は死にかけですが、レアはマウンテンゴートを見れたため満足して
泥のように眠る。

Glacier National Park #2

Avalanche Lake trail

初日ということで手近で難易度低めなトレイルに行ってみる。
Avalanche Lakeという湖へのトレイル。プロファイルは
距離片道2.0マイル(3.2km)獲得標高500ft(160mくらい?)。
登りは緩やかですが往復で6km強とまあまあ距離があります。

苔むした日本ぽい森林をひたすらすすむ感じで意外と傾斜が
あり結構しんどい。

Avalanche Lake trail

しかし木々の間から見える岩山の景色が奇麗で楽しげ。

Squirrel

野生動物はリス意外特に見かけなかった。
見慣れているのだがやはりカワイイ。

Avalanche Lake

1時間ほど歩いたところで湖に到着。
浅めの湖ですが奥の山に囲まれていて奇麗。
なんとなくヨーロッパ風味(スイスのアルプスとか?)の風景。

Avalanche Lake

山の冠雪からは雪解け水が盛大に流れて滝になっています。

Avalanche Lake

湖畔でしばらくのんびりしてから来た道を引きかえして了。
初日から結構歩き疲れる感じに。

Glacier National Park #1

Airplane on board

4泊5日でグレイシャー国立公園に行ってきました。
カナダとの国境近くのモンタナ州にあり、売りはその名のとおりグレイシャー(氷河)。
高山植物や野生動物も各種取り揃えているようです。

アトランタから公園近くのカリスペルという田舎町まで飛行機で4時間半。
途中冠雪した山脈が飛行機から見えてテンションアップ。
カリスペルからレンタカーを借りて1時間ほどで公園に到着。


より大きな地図で グレイシャー国立公園 を表示

Park entrance

まずは公園入り口で定例の写真撮影。
エントランス近くにあるビジターセンターで情報を集めるが、大陸分水嶺を越えるGoing-to-the-sun-roadは先週の
大雪に寄る除雪の遅れでまだ封鎖中。標高の低いLake McDonald周辺のトレイル等は
Openしているがあくまで自己責任でということのようだ。

Deer

というわけでまずは宿泊予定のLake McDonald ロッジ周辺に行ってみると早速鹿がお出迎え。
駐車場のすぐ横の茂みで車がすぐ横を通るのですがまったく逃げない。
ちなみに餌やりは厳禁です。

Ground Squirrel

その横の芝地では穴ボコがいっぱいあいており大量のプレーリードッグが。

Ground Squirrel

穴からひょこひょこ顔を出してかわいい。
癒されるわ〜

Ground Squirrel

お決まりの起立ポーズを撮影して満足した後、トレイルに繰り出す準備をする。
HOMENEXT →
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。