プロフィール

PON

Author:PON
いらっしゃいませ
(´∀`)=3

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター
twitter
最近の記事
最近のコメント

過去記事

ユーザータグ
ブログ検索

RSSフィード
LINK

雑記帳

技術系サラリーマン的生活の写真付記録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drag Race

Chu Chu Train

同僚のおっちゃんのススメでドラッグレース観戦するなど。
あまり期待せずに行ったので意外と楽しめた。
アメリカ南部らしいのんびりしたイベントであるが、エキシビションのジェットカー(ジェットエンジンを積んだ車)は
速すぎて度肝を抜かれた。3秒ちょっとで200マイル(320キロくらい)まで加速って。。。。

Jet Car

これもジェットカー。なかなかかっこいいですね。

Exhaust fire

カメラが追いつかない。。。。
スポンサーサイト

Glacier National Park #8

Bertha falls trail

連日のトレイルハイクでくたくたであるがとりあえず行ってみるかということで
最後のトレイルに繰り出す。なんか地元の学校かなにかの子供が多い。
定番の遠足コースなのかな?

Flower

道々には相変わらず花が咲いている。
そしてやはり名前はわからない。

Beargrass

これはガイド等に名前が出ているので知っている。
ベアグラスという花?草?でクマが好んで食べるのでベアグラス。
これが咲いているところはクマ注意ってことだ。

Bertha falls

結構水量が多い。。。

Bertha falls trail

乗馬ツアーなども。トレイルが馬糞まみれになってましたが。。。。

Grizzly Bear

トレイル自体は何事もなく終わったが、車を走らせているとまたでた〜!

Grizzly Bear

タンポポをむしゃむしゃ食べて、道路を悠々と横断。
こりゃすげー。。。。

Grizzly Bear

道路の反対側でもタンポポを食べまくる。
たまにカメラ目線なども。
意外と眼がかわいい。。。。


Bighorn Sheep

んでしばらく行くと、またいる。。。。
ヤツラがいる....

Bighorn Sheep

ビッグホーンシープの群れ、4匹ほどいたがまったく逃げない。
こいつら、角がすごくかっこいいのだが眼がコワいんだよな。。。。

とりあえずこれにて旅は終了。
野生動物と高原植物と山岳風景かなりこれまで訪れた国立公園の中でもかなり
満足度の高いものでした。
トレイル歩きすぎて脚が。。。。。

Glacier National Park #7

US border

明けて翌日は朝から国境越えに挑戦。
グレイシャー国立公園はアメリカとカナダの国境近くにあるわけですが
カナダ側にもカナダの国立公園があり、陸路で国境を越えて行けるわけです。
というわけでレンタカーを飛ばして1時間強走ると国境税関に到着。
平日の朝っぱらということもあって他に人はおらず閑散としている。
ゲートで待っていると、入国審査官?税関職員?のおっちゃんが出てきて
パスポート提出。税関申告書にあるような型通りの質問をしてきて全て答えると
あっさり通してくれた。車やトランク内の持ち物検査等もあると聞いていたので拍子抜け。

Park entrance

とりあえず初めてカナダに入国したので一枚。
カナダ側はWaterton lake国立公園というらしい。

Grizzly Bear

とりあえずビジターセンターを目指して車を走らせているグリズリーを発見!
3回目のクマとの遭遇だがやはり興奮する。
どうやらタンポポが好きなよーです。

Fox

再び車を走らせると何台か車が止まっており道路脇の斜面を見ている。
鹿かなにかいるのかな?と思ったら違う!狐だ〜!
しかも子狐で超カワイイ。

Fox

どうやら巣穴があるようでウロウロしている。
おすわりなども。子狐ってこんなに可愛かったのね。。。。

Warterton National park

カナダ側はおまけと思っていたが、早くからの野生動物との遭遇に若干テンションアップ。
ビジターセンターはこじんまりとしているが意外と充実していた。
看板が英語フランス語併記なのが新鮮。

Waterton national park

公園の中に意外としっかりと街が形成されており、アメリカ側より観光地然としている。
丘の上にはこれまた目立つホテルがどかーんと建っており、かなり目立つ。

Town site

昼ご飯としてバーガーを食べてみたがかなり美味しかった。
やはりアメリカと違って若干ヨーロッパの要素が入っているのか?

Town site

湖畔でのんびりした後はとりあえずほどほどの距離のトレイルに脚を伸ばしてみる。

Glacier National Park #6

Many glacier hotel

グリズリーに出会ったりもしたがなんとか無事にホテルに帰着してチェックイン。湖のほとりにある
スイスロッジ風ホテル。かなり造りが古い。

Many glacier hotel

もちろん眺望は抜群で湖側の部屋がとれればなおヨイ。

Many glacier hotel

中の造りも凝ったもので趣がある。
携帯の電波は当然届かないし(というか公園内全域で携帯はほぼ通じない)、ロビーの無線LANも
死ぬ程遅くて使えないに等しい。まあそんなものを気にせずのんびりするのが
本来のこのホテルでの過ごし方のようだ。周りをみるとかなりお年寄りの比率が高い。

Moose

とりあえずホテルに荷物を置いてあたりをぶらいついていると人が集まっており
ムースの親子が!!ムース自体は前にイエローストーンで見たことがあるが、親子は珍しい。

Black bear

しばらく車で進むと道端に多くの車が止まっており、双眼鏡を覗いている人多数。
なにか動物がいるのか?と思ってみてみると50mくらい先の草原にブラックベアーが!!
グリズリーに続くクマとの遭遇に興奮。

Black bear

良く見ると2匹の子連れ。母グマだったよーです。
子グマかわいい。

Park ranger

3匹がだんだん道路側に近づいてくるため、パークレンジャー登場。
クマスプレーを片手にどんどん近づいて行き、手を叩いて大声を出すと
クマたちはスタコラ林のほうに逃げて行った。

クマといいレンジャーといいなかなか貴重なものが見れたな。。。。

Many glacier hotel

夜はとりあえず疲れもあり早く就寝するが、大気が奇麗で星も奇麗に違いないと思い
AM3時に気合いで起き出して星空撮影にチャレンジ。初めてだったがなにかの記事で撮り方のコツは
大体わかっていたのでトライしてみる。

三脚必須
リモートレリーズor2秒タイマーでシャッターを押した時のブレをふせぐ。
なるべく明るい広角レンズ(今回は14mm F2.8を使用)
シャッタースピード20秒、ISO3200前後

上記設定で意外と上手く撮れた。寒くて手がかじかむので手袋が必要だったかな。

DSCF6491

まさに星が降ってくるような感じ。天の川がくっきり見える。

DSCF6501

若干雲が出て来たがそれもまたヨイ。

DSCF6505

ひとしきり撮影した後、二度寝。
充実した一日が終了。
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。